朝日新聞「論×論×論」で中国出身の起業家女性インタビューを紹介しています

今月の論壇時評、論×論×論では、週刊ダイヤモンド掲載の中国出身の起業家・白川寧々さんインタビューを取り上げました。

 

digital.asahi.com

 

日本の性差別を正面からぶった切っていて痛快です。週刊誌なので店頭にはもうないと思いますが図書館などでご一読を。

 

 

Yahoo!にフランスのアニメ映画評を書きました

映画「ディリリとパリの時間旅行」について書きました。

美しいパリの街と建物、音楽、可愛いアニメーションが描く、19世紀末から20世紀初めの様子。今に通じる大きな社会問題がテーマです。

news.yahoo.co.jp

千葉市男女共同参画センターで「ニッポンの働くリアルとワークライフバランス」について講演

f:id:rengejibu:20190903165155j:plain

千葉市男女共同参画センターでは「働き方とジェンダー」と題した連続講座を開きました

千葉市男女共同参画センターで「ニッポンの働くリアルとワークライフバランス」をテーマに講演しました。男性参加者からも、活発な発言がありました。

 

「自分は私生活を優先すると公言しています」「仕事も私生活もやりたいことができています」「仕事と育児はできていますが、他の時間が全然取れない」と意見は様々です。また「企業の役割を知りたい」という声もでました。

女性も育児しながら働いている方、出産を機に退職した方、地域で活動ている方と多様でした。

何がワークで何がライフか、人によってとらえかたが違う

アフリカと日本の若者、ジェンダー問題と性教育を語る会でモデレータ

f:id:rengejibu:20190903181529j:plain

アフリカと日本、共通して若い人が必要としているのは性教育です

理事をしているジョイセフが主催する意見交換会でモデレータをしました。

 

話をしてくれたのは、アフリカと日本の20代女性たち。アフリカはトーゴレソトからTICADアフリカ開発会議)7にあわせて来日した方々。日本からはジョイセフでピアアクティビストとして活動するお2人。そしてペルーとスウェーデン在住の日本の女性活動家もSkypeで参加しました。

 

f:id:rengejibu:20190903181635j:plain

大学生や中学校の先生も聞きにきてくれました

 

トーゴからは、若年の望まない妊娠問題を中心に。レソトからはHIV感染率が高いこと、妊産婦死亡率の高さについて発表。日本は医療設備が整っており出産時の安全性は高いけれど、若者がセックスについて話すことがタブー視されているのは、アフリカと共通している、と思います。

 

日本のお2人は、高校生の時にきちんと性教育を受けたかった、学校で教えて欲しい、と異口同音に話してくれました。その思いを生かして今は後輩たちにSexual Reproductive Health and Rights(性と生殖に関する健康と権利:SRHR)について伝える活動をしています。

 

f:id:rengejibu:20190903181731j:plain

若い女性の望まない妊娠について話すトーゴから来たシェリタさん

 

聞いていて驚いたのは、高齢化が進み若い人の割合が低い日本でも、若年人口が多いアフリカでも、政治家や意思決定層は中高年が多く若者の声が充分に聞かれていないこと。「SRHRについて伝えるのは、私たちの責任。あきらめないで頑張ろう」というトーゴからきたシェリタさんの言葉が心に残りました。

 

私は彼女たちの親世代で、行政の仕事もしていますから、これからは10代20代の声を政策に反映する方法を考えていきたいと思います。

朝日新聞「論壇時評」今月の3本が出ました

今月の論壇時評が出ました。各委員のお勧め3点は紙面とこちらからも見られます。私のお勧めは、次の通りです。

■治部れんげ=ジェンダー・社会

▽特集「これからの時代の『女らしさ』『男らしさ』の伝え方」(VERY9月号)

▽林香里「昭和オッサン映画?! 『新聞記者』に見る日本の『リベラル』の闇」(WEB世界、8月23日)

▽「『男らしさ、女らしさって何だろう?』 生理用品のデザインを生み出す、若手男性デザイナーにインタビュー」(note、8月7日)

 

digital.asahi.com

元米大統領夫人ミシェル・オバマ自伝の書評をYahoo!に書きました

 世界で47カ国語に翻訳され、1000万部のベストセラーになっている、ミシェル・オバマ自伝"Becoming"、日本語版が出版されました。書評をYahoo!に書きました。

 セレブが書いた本ですが、一般人の目線を失っていないところが、支持を集めた理由かなと思います。

news.yahoo.co.jp

 

 

トーゴ若者向け性教育について東洋経済オンラインに書きました

トーゴ取材記事、3本目は東洋経済オンラインに書きました。

日本は妊産婦・乳幼児死亡率が低いため、この分野の国際貢献に強みがあります。一方、援助対象となる国で行われている若者向けの性教育から、日本が学ぶところもありそうです。

 

toyokeizai.net

この写真にうつっている女性、シェリタさんは漫画などを使ってトーゴの若者に性教育をしています。8月末に横浜で開かれる第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に合わせて来日し、30日に都内で日本の若者と意見交換を行いますので、よかったら是非お越しください。私はモデレータをします。

 

www.joicfp.or.jp