中央公論2月号に子育て政策と関連報道について寄稿

 中央公論2月号に子育て政策及び関連報道について寄稿しました。

 特集全体は10年前、消滅可能性自治体の試算で話題になった民間調査を踏まえ、人口減少が不可避な日本でソフトランディングを目指す、という趣旨です。

私が書いたのは、以下のようなことです。
 
 1)23区で唯一消滅可能性自治体と名指しされ奮起して女性子ども優先の政策をとった豊島区・高野区長(故人)のとった施策
2)子どものいる暮らしのマイナス面ばかりを報じるメディアの問題。実は黙って幸せに過ごしている子育て家族についてほぼ伝えないこと。
(SRHRが大切なことは論をまたず、戦中の産めよ殖やせよへの反省は分かるが、子ども周りの報道がネガティブすぎ、リベラル自認の私から見ても目に余る…とまでは原稿に書かなかったが)
3)子育て世代(20~30代)の政治参加を強化する仕組みとしてクォータ制(世代で議席を割り上げる)が必要という提案。
4)私自身、産んだら退職と思っていたが、上司が良い人たちで仕事を続けて2人子育てできたこと。上司ガチャにならないためにできること。
 
 正直いえば、団塊ジュニアが50代を迎えつつある今、どんなに素晴らしい政策を導入しても人口構成は変わらない。色んな意味で遅すぎると思います。関連政策の仕事をしている者として何もしないのも無責任という意味合いで書きました。

千葉市科学館、小さい子どもから学齢期まで、大人も一緒に楽しめます

 

 千葉市科学館に子どもと一緒に行きました。技術を生かした昔からあるおもちゃ、ジャンプの高さや手足の反応速度をゲームのように測れるコーナー、聴覚や嗅覚のクイズと楽しめる展示がたくさんあります。

 月の重力を体験できる機械や、地動説、天動説など主な学説をざっくり学べるコーナー、材料や物質の特徴を生かしたショート動画、深海探査機の実物大模型など、楽しみながら科学技術の奥深さを体験できる魅力的な施設でした。

 スタッフの方がとても親切で「●時から、こんな体験ができますよ」と声をかけて下さったりします。夕方に見たプラネタリウムは大人のお客さんも多かったです。また行きたい。

毎日新聞「開かれた新聞委員会」座談会記事

 先日開催された毎日新聞「開かれた新聞委員会」座談会が紙面に掲載されました。オンラインでも読むことができます。主な議題はガザ空爆など国際報道、政権支持率と経済政策でした。

 私は、国際報道について一般読者も英語でBBCをはじめとする欧米の報道や、アルジャジーラ英語版にアクセスできる現代、紙の日本語報道は速報性より解説力を強化すべきではないか、という話をしました。これはアフガニスタンの米軍撤退、ロシアのウクライナ侵略の時にも考えていたことです。

 また「新しい資本主義」など、政策がキャッチフレーズ化しており、実質的な意味や効果を問わない傾向が強いことへの違和感についてもお話しています。

mainichi.jp

 

mainichi.jp

映画「窓ぎわのトットちゃん」、とても良かったです

 映画「窓ぎわのトットちゃん」を娘と一緒に見てきました。原作の世界観を現代風のアニメで見事に表現したとても素敵な映画でした。

 

tottochan-movie.jp

 

 「困った子」と言われ前の学校を追い出された小1のトットちゃんに「きみは本当はいい子なんだよ」と話すトモエ学園の小林校長。トットちゃんのクラスメートには、様々な事情を抱えた子がいる。小林先生は全部わかった上で、黙って見守ったり、ひとこと声をかけたり、その子の得意を生かせる場を作ったりする。
  こういう学校で皆が学べたら、どれだけいいだろう、と思う。
 今、Diversity, Equity and Inclusion(多様性・公正・包摂)が大事、とあちこちの組織で言われます。言葉は覚えなくていいので、この映画を見たらいい。
 徹底して応答的な初等教育がひとつの柱であり、もうひとつの柱は戦争です。
 素晴らしい学校と子どもへの愛にあふれる先生や両親も、戦争が日常生活を変えてしまうのを前に何もできない。今、報道を見るたび無力感にさいなまれる日々ですが、この映画から大人は何ができるか考えてほしい。
 
 うちも含め、子どもがたくさん来ていて、後日、何度も「トットちゃんは、こう言ってたね」と思い出して話しているので、心に残ったのだと思います。加えて、駅の切符切のおじさんが戦中、おばさんに代わっていたり(おじさんは徴兵された?)、銀座の街中を節約を呼びかけながら列をなして歩く婦人達の姿があったり、時代背景を知る人が見るとその意味が分かるシーンが過剰な説明なしにはさみこまれ、秀逸でした。

文部科学省・科学技術学術審議会・人文学・社会科学特別委員会(第20回)に出席

 文科省の科学技術学術審議会・人文学・社会科学特別委員会(第20回)にオンラインで出席しました。私は臨時委員を務めています。

 

www.mext.go.jp

 

 この日の議題は主に2つです。

  1. 人文学・社会科学のデータ基盤の開発・整備やデータ基盤を支える人材育成の在り方について
  2. 共創による課題設定型・プロジェクト型共同研究の更なる推進について

 当日の資料はこちらからご覧になれます。とても勉強になりました。

www.mext.go.jp

 

 

豊島区男女共同参画推進会議・勉強会

 会長を務めている豊島区男女共同参画推進会議で政策勉強会を行いました。前回の推進会議で事務局から提示された重要議題の中で、会議の中では時間が足りなかったものがありましたので、急遽開催、多くの委員に参加いただきました。

 豊島区のこちらの会議体は、区内在住、区内の教育・労働・医療関係団体や、議員や区民の方々が出席して男女共同参画政策について意見交換をしています。皆さん、自身の専門性や経験をもとに、しっかり意見を述べており、民主主義の生まれる現場に居合わせていると、いつも感じます。

日本ロレアル女性のエンパワーメント アドバイザリーボード会議

 フランスに本社を置く化粧品世界最大手のロレアル、日本法人が運営する「女性のエンパワーメント アドバイザリーボード」ミーティングに出席しました。化粧品の顧客はその多くが女性であることを踏まえ、女性科学者やシングルマザーなど、男女平等政策の優先課題に取り組むプロジェクトです。今回も、刺激的で突っ込んだ議論でとても楽しかったです。